2020年02月05日

題名が決まらない芝居の案内

こんばんは
OUT老の宣伝担当シマカワです。
「実験的劇ユニットOUT老」の役者連が集まって
公演を打つのは、まだ少し先のよう。今は、
各自各場で行うパフォーマンスをおしらせしますね。

明後日2月7日(金)から9日(日)まで
OUT老ブログ女優写真の左から2番目、山田スミ子が
神奈川県川崎市麻生区
「劇団わが町」第9回公演に参加します。

タイトルがまだ決まっていないのに明後日?

チラシの裏に記された演出家の弁によると
老若男女の劇団員17人が書いた台本をもとに
した芝居らしい。
「みんなの意見を参考にしながら推敲を重ね、
どうやら上演台本が出来つつあるが、
題名はまだない。
この作品には、どんな題名がふさわしいのだろう」
ですって。

「お客様、みなさんも作品作りに参加して、
題名をつけていただけませんか?」とも
書かれています。
びっくり!

さらにびっくりしたことは、今見てきた
「劇団わが町」のツイッターに、
「題未定」なのに、すでにチケット売切れが近く、
夜の回に少し残席あるかどうかというところらしい。
その点、注意が必要ですが、概要をお伝えしますね。

「題未定」
日時:2020年2月7日19:00
    2020年2月8日14:00と18:00
    2020年2月9日13:00と17:00
会場:川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
    小田急線新百合ヶ丘駅北口徒歩3分
料金:2,700円  小学生〜高校生は1,300円
作:ふじたあさや、「劇団わが町」文芸部
構成・演出:ふじたあさや
出演:「劇団わが町」の劇団員52人

チラシ制作時の年齢か、
公演日の年齢か、不明ですが、
劇団員は8歳から79歳ですって。
たぶんチラシ制作時のですね。

その劇団員さんらが、開脚前屈の姿勢で
ウォーミングアップしている稽古場写真を
ツイッターで見ました。
知り合いを探したところ、
山田スミ子ちゃんのご主人、
誠浩さんらしき人が見えたと思います。

最初に申した17作品のうち、
山田スミ子作が「ともだち」、
山田誠浩作が「家族が支えられた人・ことば」。
書き手、演じ手、夫婦ともに両方やるのです。

お楽しみに!



posted by OUT老 at 23:11| Comment(0) | 日々のもろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

いい声で文脈をきちんと伝える

OUT老の宣伝担当シマカワです。
本日は自分の話。

2018年11月29日の日記は
シェイクスピアシアター・シニアの募集情報を
友達に教えて勧める話。
結局、自分が応募して、2019年4月から11月までの
土日全部、そのレッスンに通いました。

そして、今日と明日がその公演。
公演といっても「十二夜」「ヴェニスの商人」の
各1場面をやるだけですが、今、ドキドキがとまらないところ。

シェイクスピアシアター・シニア 第一回公演
演出・指導:出口典雄
日時:2019年11月7日、8日 どちらも14時開場、14時半開演
場所:中野ザ・ポケット

昨夜は、「明日、台詞が飛んだらどうしよう」とか、心配が募り、
落ち着かず、7日来場予定の友人に電話。
自分から人に電話することの少ない私が。

3分にも満たない会話の中、相手が
@失敗しても大したことじゃない
A失敗するようなものだったのだ
B今まで感じたことなくて、今感じているなら進歩だ
C失敗も含め楽しみに見にいくよ
D失敗も成功もないよ

このうちどれを言ったのか判然としない。
でも、友の声を聞けてよかった。

今から、会場に向かいます。
4〜11月の長い間、出口典雄さんに教わっことの
話はまた後日。
「いい声で文脈をきちんと伝える」がモットー。
面白いレッスンでした。

幸あれ。

posted by OUT老 at 09:58| Comment(0) | 日々のもろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

版画ノイエ

CA6131E1-E806-44C7-835D-C82B907A170E.jpeg

OUT老の宣伝担当シマカワです。

先月お知らせした「凛として」「おんな」は
双方終了しました。
足を運んでくださった方にお礼申し上げます。
(OUT老の公演じゃないから、お礼はオカシイ?)

本日ご紹介するのは
今日から3日間、入場無料の展覧会。

版画ノイエ
会場:東京大学先端科学技術研究センターROCKET HOUSE 
      東京都目黒区駒場4-6-1
会期:2019年11月1日〜11月3日
開館時間:10:30〜16:00

小学5年の時、葛飾北斎の大波の版画出会って以後、
北斎の版画を模写したり、彫って色をつけて刷ったり、
……今は本格的に彫師の修業中の方。
2006年生まれだから、今年13歳になるのかな、
もうなってるのか。
その本人が会場の床に座って、達磨画のようなものを
彫っていました。
もちろん模写したものを彫る、今朝11時半頃のこと。

10月28日深夜「きみはなにもの」というTV番組でたまたま知り、
私は行きました。「ストーリーズ ノーナレ」。

木々に囲まれた素敵な会場です。7E461952-AE97-4CB2-B274-D1CCDB5B9DDF.jpeg

東京大学先端科学技術研究センターの西門から入って、
4mくらいで、左を見ると、この木漏れ日の小道が見えます。
この白いサザンカをくぐって行くのだよ。

門を入って正面のビルを目指すと、なかなかたどり着けず、
「ROCKET HOUSE はここではありません」という
貼り紙を何度も見る羽目になります。

今日の会場では、たまたまご両親が来訪され、
居合わせた子供のお客さんが、
「テレビで歌ってたお父さんだ」と嬉しそうでした。

北斎の写し、自分で撮影したお祭りの情景写真などから
下絵を描き、版画を作る吉田悠太さん。

私は展示された版板と出来上がった版画を見比べても
一版多色刷り木版画の仕組みを今一つ理解できません。
少し本人に質問しましたが、達磨画を彫っておられる最中なので、
あとは、家に帰って自分で勉強しようと、少しにしました。

面白かった。

発達障害、 学校に通えない、など番組で見ましたが、
東京大学先端科学技術研究センターと日本財団の
協同運営である「異才発掘プロジェクト ROCKET」のメンバーです。

彼の初個展、あと2日間ですから見逃さないで。


posted by OUT老 at 13:28| Comment(0) | 日々のもろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
一番バッター
 
■・お問い合わせフォームは
こちらから!
カテゴリ
”OUT老”について(2)
お知らせ(8)
公演のご案内(10)
日々のもろもろ(245)

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

最近の記事
(02/05)題名が決まらない芝居の案内
(11/07)いい声で文脈をきちんと伝える
(11/01)版画ノイエ
(10/27)タイタンと難波会長と元警視総監の浜田晃さん
(10/27)今日と明日で終わり「燐として」
最近のコメント
お芝居に常連さん以外の人を集める手段  by シマカワ (08/18)
ある演劇少女の軌跡「楢山節考 孝」 by やれやれ (11/27)
キネマの天地、相当オモシロイ! by シマカワ (04/25)
つながり、つながる……で思い出すのは by シマカワ (12/04)
お芝居に常連さん以外の人を集める手段  by OUT老 (08/22)
リンク集
The floral Arts
過去ログ
2020年02月(1)
2019年11月(2)
2019年10月(2)
2019年07月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年11月(3)
2018年08月(3)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(2)
2018年01月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年09月(4)
2017年08月(1)
2017年07月(2)
2017年05月(2)
タグクラウド
QRコード
RDF Site Summary
RSS 2.0