2018年08月31日

監督さんの色気について

酷暑の夏も、もうあと少し。
8月の終わりに、今月見たもののまとめ。
個人的な日記でブログを更新する
OUT老宣伝係(自称)のシマカワです。

直近からさかのぼって…

8月31日「あさイチ」(NHK 8:15〜)
連ドラ「半分、青い。」の主役「楡野鈴愛」を演じた
永野芽郁さんがゲスト。
博多華丸大吉の華丸さんとのやりとりが面白かった。
今なら、「芽郁」「華丸」でツイッター検索すれば、
いろんな人が書いているのが見られます。
ヤフーなら「リアルタイム」検索。

そのドラマを見るまで、この女優を知らなかった私は
子役時代の映像を見て、美少女ぶりに本当に驚きました。
UQ!っていうCMの人と同じだともわかってなかった。

数日前の同じ番組で、その日のゲスト星野源が
「半分、青い。」の印象に残った場面ベスト1として
あげていたシーンが、今日も出てきたけど、
4分くらいの台詞の中で私がいちばんぐっと来た部分が、
4回撮り直したなど、今日ご本人から明かされて
編集の妙に、ミョーに感激。
(え、あの部分のために最初から撮り直したりしないよね? する?)

涙を、頬の上においた小さなカップで受けるしくみの
涙用マスク着用シーンは、本ものの涙をカップに
落としてと演出家の指示があったとか、話が面白かったし、
華丸さんとのやりとりが、素敵な生放送。

☆☆☆

8月29日銀座TACTで映画とダンスパフォーマンス。
この日記で紹介したOUT老の看板女優
大塚みどりも、目の前で踊ってた、不思議な夜。
映画「踊る! ホラーレストラン」は、
メチャクチャ感満載の、でも最後は
なんとなく胸に迫る、これまた奇抜な作品。

手塚眞(銀髪の恨み幽霊みたいな風貌)、
石井明美(色白でない、髪を結わない怨歌歌手みたいな迫力)、
原田大二郎(料亭の畳の部屋でも靴をはいているオーナー)、
和泉妃夏(本ものの聾女優と思ったとツレが言ってた)
さんらが強い印象を残す映画。

映画と別に、マジシャン・アレスの、紙テープに
めんつゆかけて食べちゃうマジックが、異様にウケていましたっけ。

次は、10月24日(水)夜に、同じ場所で
映画+パフォーマンスをやるそうですよ。
見ていない方、体験してない方、ぜひ足をお運びください。
オーディションを受けてそこに出演もできるそう。

29日夜は、モスコミュールを2杯飲みながらの鑑賞でしたが、
終演後、さらにツレともう一杯。
コリドー街の小店で、ツレが開口一番、
「あの監督は、もてるねえ」。

「踊る!ホラーレストラン」の渡邊世紀監督のことね。
舞台上でインタビューされる間、自分のうなじの上を
静かに触っている40代、髪ふんわり長めの男性。

ブルージーンにダンガリーシャツ(デニムシャツ?)を
ボタンかけないで羽織ってる。
頭の先からつま先まで聴衆にさらされる、その立ち方、
居方に、ツレ(50代前半女性)は、「色気むんむんだったね」と。
ウン、ウンとうなずく私でした。

☆☆☆

8月29日15:00開演の「野菊の墓」 恵比寿エコー劇場。
OUT老の面々が出会うきっかけとなった縁あり劇団
「演劇倶楽部『座』」。この劇団の十八番(オハコ)の
演目と思いきや、今回は、出演者がたいそう若返りしていて、
チェロ、ピアノの生の演奏もほどよい情緒で、
舞台装置も屋内屋外を同じ形で表す簡潔簡素。好印象。
(なんて、クールに言うわりにはボロボロ泣いてたかも)

この土日で公演は終わりますので、これも
ぜひ、検索してみてください。フレッシュよ〜。

3月に「プレイハムレット」という舞台で、
高知弁、狂言の言葉、東北弁など、いろいろな言葉で
「生きるべきか死ぬべきか・・・」の一節をやりましたが、
(私はやっていない。私はガミガミがーとるーど役)
そのときの「関西弁」をやった小薗翼(こぞのつばさ)が
この日、主役の「たみさん」の相手、「まさおさん」役。

3月の「プレイハムレット」を見た友達で、
「ねーさんのがーとるーどもよかったけど、
私は、小薗翼さんにハマりました!」と、
後日ハガキをくれた人に、30日におしらせしたら、
早速、今日31日の回を予約したそう。
もう終演した頃だから、感想を聞いてみよう。
政夫役は、トリプルキャストで、
村上如水(むらかみじょすい)、二條正志(にじょうまさし)も
それぞれにお勧めです!

☆☆☆

あとは箇条書き。
8月25日「ALTAR BOYZ」 舞浜アンフィニシアター
8月19日「Another Line」 金沢歌劇座
8月17日朗読「春坊」竹久夢二 「色鉛筆」中原伊織
 (OUT老の阿部Pと行く特養老人ホームで、
 ボランティアの面々が朗読。阿部Pは人気MC。
 私は高橋治「かんぴょうと夕顔」。3人とも、各10分以内)
8月10日「劇場版コードブルー −ドクターヘリ緊急救命-」
 TOHOシネマズ六本木ヒルズ
8月1日「鎌田實の『がんばらない健康長寿実践塾』」講演会

☆☆☆

渡邊世紀監督を「色気むんむん」と感じる人がいるように、
小薗翼を1度見ただけで魅せられる人がいるように、
特養老人ホームのお姉さまたちをキャアア!と喜ばせる
人気MCの阿部Pがいるように、
ステージ上でスクワットをして見せる鎌田實さんが
聴衆をひきつけるように、
舞台上の人って、特別な魅力が、
ときに稲妻のように光るものなのですね。

私の稲妻は、TEEN TOPのNIEL(ニエル)さん。
歌もダンスも演技も声も指づかいも姿も足さばきも・・・
2018年8月25日は、完全にノックアウトとなりました!


追記
posted by OUT老 at 18:49| Comment(0) | 日々のもろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

明日、金沢へ旅発ちます

OUT老のブログが錆びないように、
個人的な日記で更新している、
宣伝担当シマカワです。

明日、8月19日、初めて北陸新幹線に乗ります。
目的は2つあって、1つが
「金沢ティーンズミュージカル」というグループの
舞台を見に行くこと。

2015年10月26日、27日と続けてここに書いた
あの「遠田楓さん」は、もう卒業しているかもしれないけれど、
一度は見に行きたかった金沢ティーンズミュージカル。

「Anoter Line(アナザーライン)〜未来からの願い」
日時:2018年8月19日 12:00と15:30の2回公演
場所:金沢歌劇座
料金:1,500円(自由席 3歳以下の子は膝上無料)
脚本・作詞:山科妃登美、宮前旅宇
演出:真田 愼 音楽:吉田 拓史 振付:竹多 未佳
総合指導:泉 つかさ
出演は40人前後かな? チラシ画像を見ると、
4〜9期生の名前と「10期生メンバー」の文字。

「ある日突然 未来へ行く事になった中学生たち。
そこで思わぬ大歓迎を受ける。
楽しい時間を満喫し大喜びするのも、つかの間……」
なんて書かれたチラシ。面白いかな、ドキドキしますね。

金沢歌劇座という会場、名前もすごいけど、
写真で見たところ、素敵なホールだ!

新幹線だと、東京から2時間半で金沢に着くなんて、
今回初めて知りました。
寝坊しないようにしよう。

☆☆☆

金沢行きのもう1つの用が、亡父の戦友、というか
シベリア抑留時代の友にお会いすること。
大正10年生まれの亡父よりお若い金沢のその方も
昨年、夫婦で老人ホームに入られたとのこと。

年賀状の返事が珍しく奥様から来て、

夫は少し相手が誰だかわからないようになってます。
夫婦ふたりで同じところに入れてよかった。

と書かれていました。

昭和21年7月、シベリア各地に抑留された日本人の中から
将校俘虜だけ集めて送り込まれたのが、
タタール自治共和国の小都市エラブカ。

町の両端に、高いレンガ塀で囲まれた石造りの監獄が2つあり、
Aラーゲル(収容所)、Bラーゲルと呼ばれていた。
Bラーゲルには4,000人。
ソ連は、「その中の1%の40人で演芸班を作りなさい、
その者たちは労働を免除する代わりに、残りの99%を慰問せよ」といい、
20人の楽団と20人の劇団からなる「えらぶか座」ができたのだそう。

「えらぶか座」の芝居や落語のレパートリー、
演奏や合唱、独唱の曲目など、数も多く、今ここに書けないけど、
戦前の映画「阿部一族」のシナリオと演出助手、
戦後の「火山脈」「緋牡丹盗賊」「巣鴨の母」ほかの監督だった
安達伸生さんが脚本・演出をする芝居の話は、面白く、
驚嘆することばかりで、いつか紹介しますね。

会いに行くお相手は、歌が専門で、戦後も金沢で合唱団におられた方。
えらぶか座レパートリー記録では、「ミネトンカの湖畔」を
独唱したことが残っている。

今、you tubeでミネトンカの音源を捜したら、
宮川美子、三浦環(1932年)、関屋敏子の独唱、
ルネ・シュメーのバイオリン(ピアノ伴奏)などが出てきました。
19日はお元気だったら、この音を聞かせてあげたい。

☆☆☆

その日は、旅行中の知人と合流して金沢夜ごはんを食べるのだけど、
ここがおいしいと、金沢通の方に教えられた日本料理、寿司店、
居酒屋が日曜休業ばかりで、ちと残念。
教えられたのはね、
「乙女寿司」「八十八」「山さん寿司 本店」「いたる 本店」
「鮨 志の助」「みふく」「御料理 雅乃」……

でも、なんとか某店に予約できました!


おやすみなさい

posted by OUT老 at 01:02| Comment(0) | 日々のもろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

原田大二郎と大塚みどりが夫婦役!!

こんばんは、実験的劇ユニットOUT老の
自称 宣伝担当シマカワです。

OUT老の女優連の写真左端の大塚みどりの出演情報2つ。
1つ目は、あの原田大二郎さんと夫婦役で出る映画。

予告編は、こちらのサイトでご覧になれます。

「踊る!ホラーレストラン」
監督・脚本:渡邊世紀
助監督:山口雄也 撮影:吉田良介 照明:下村芳樹
出演:原田大二郎 大塚みどり 和泉妃夏 香瑠鼓 手塚真
    石井明美 ラッキィ池田 時任三郎 ほか

「あなたの人生をお料理します。
何が出てきても、お召し上がりください。」って書かれたチラシには、
ホラーな衣装とメイクの登場人物が並び、その中心に
驚きの表情で立つ静子(大塚みどり)と
椅子にかけたお金持ちっぽい晃志郎(原田大二郎)。

大塚みどりが香瑠鼓さん主宰の「あぴラッキー」で
障害のある方々やダンサーとのパフォーマンスを
やっているのは、たまに見に行ったりしていたけれど、
映画は初めて。この映画も香瑠鼓さんが、
エグセクティブプロデューサーのひとりだから、きっとその流れね。

さて、映画をどの映画館で見られるかは、さきほどのサイトで
近々発表されると思いますが、今月下旬、夜の1回試写が!

踊る! ホラーレストラン in 銀座TACT
日時:2018年8月29日(水) 19:00
会場:GINZA TACT  銀座駅A1出口より徒歩3分
    中央区銀座6-9-15 タクトワンビルB1F
料金:4,000円 w/2drinks
    (2杯飲み物つきってこと?)
プログラム:
 @開場19:00  おもてなし&ドリンクタイム(30分)
 A映画試写(82分)
 Bショートパフォーマンス(約40分)

Bのパフォーマンスに大塚みどりは出演、しかも実娘と一緒に。
いわく「登場人物たちが画面から飛び出して踊る」のですって。
みどり嬢は「エキセントリックだけどいい映画です」とも言ってます。
予約、問い合わせは上記サイトを見てくださいねーー。

☆☆☆

みどり嬢のもう一つは、舞台「誰がルルを殺したのか」です。

こちらは
脚本・演出:桃井章
会場:テアトロジャージャン(天現寺橋交差点近く)
日時:2018年10月31日〜11月4日
出演:大塚みどり 茂木英治 棟里佳

というところまでしか、まだ情報ない。
入ったらまたおしらせします。

☆☆☆

10月は、これも。
OUT老の名プロデューサーで役者、
阿部義の朗読があります!

劇団俳優座代表の女優 岩崎加根子さん、
元フジテレビアナウンサー(3時のあなたほか)で
朗読の先生 野間脩平さんも出演する朗読会。

「和みを語る三人の凡人」という思いをネーミングにこめた
グループ「和三凡」の朗読会の第三回。

日時:2018年10月23日(火) 14:00
    (開場13:30 終演予定16:15)
会場:千代田区立内幸町ホール 
    内幸町駅A5出口より徒歩4分
料金:2,500円
出演:岩崎加根子 野間脩平 阿部義 坂本有子 宮崎弥生
    堀 健二郎 望月邦秋
演目:「赤猫異聞」「寒月六間堀(鬼平犯科帳より)」「生きる」
「太刀帯の陣に魚を売る媼の話」
「品、卑しからぬ人、妻を去りて後、帰り住む話」 順不同

岩崎加根子さんが朗読するのは、太刀帯(たちはき)と帰り住む話、
どちらも「今昔物語」から。
ひょっとして、どちらかは怖い話??

こちらのチケット申込みは、阿部義ほか和三凡の
面々の携帯電話番号がチラシに書いてあります。
ここには載せないので、知りたい方は、コメントを残してくださいね。

☆☆☆

「踊る!ホラーレストランン」の脚本・監督は
渡邊世紀さんですが、前に読んだインタビュー記事では、
小学校の卒業文集に「映画監督になる」と書いた方。
小学校4年生のときに「E.T.」、そのほかたくさんの映画を
レンタルビデオで、家で、お父さんの趣味のおかげで立派な音響で、
見ていたそうです。

高校卒業後、アメリカに行き、3年間英語を、
2年間映画理論を学んで、16oフィルムで短編映画。

「わかりやすい映画より、全体として伝わる映画をつくりたい」
と語っておられました。
8月29日の試写&パフォーマンスが本当に楽しみです!



    





posted by OUT老 at 22:07| Comment(0) | 日々のもろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
一番バッター
 
■・お問い合わせフォームは
こちらから!
カテゴリ
”OUT老”について(2)
お知らせ(8)
公演のご案内(10)
日々のもろもろ(232)

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

最近の記事
(08/31)監督さんの色気について
(08/18)明日、金沢へ旅発ちます
(08/17)原田大二郎と大塚みどりが夫婦役!!
(06/26)草むしりのときの苔むしり
(04/19)文字を目で見て声にすること
最近のコメント
お芝居に常連さん以外の人を集める手段  by シマカワ (08/18)
ある演劇少女の軌跡「楢山節考 孝」 by やれやれ (11/27)
キネマの天地、相当オモシロイ! by シマカワ (04/25)
つながり、つながる……で思い出すのは by シマカワ (12/04)
お芝居に常連さん以外の人を集める手段  by OUT老 (08/22)
リンク集
The floral Arts
過去ログ
2018年08月(3)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(2)
2018年01月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年09月(4)
2017年08月(1)
2017年07月(2)
2017年05月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(4)
2017年02月(1)
2017年01月(1)
2016年11月(4)
2016年10月(4)
2016年09月(3)
タグクラウド
QRコード
RDF Site Summary
RSS 2.0