2020年08月18日

令和二年の年末、内幸町ホールで

お待たせしました!
OUT老メンバーの出演情報を久々に。
書いているのは自称宣伝係のシマカワです。
OUT老役者連になりかわり、ブログ更新中。

OUT老の男優でプロデューサーでもある
阿部義(通称阿部P)から一昨日電話。
「年末に浅田次郎作品をやることになった」

「情報公開OK」と言われ、さっそく今わかる限りを
おしらせしますね。

日時:2020年12月8日(火)時刻未定(昼夜2回)
場所:内幸町ホール(都営三田線内幸町駅、
   東京メトロ・JR新橋駅などから徒歩5分)
作品:浅田次郎作「天切り松 闇がたり」
演出:中野志朗(文学座)
出演:津田千代子 瀧本忠生 望月邦秋 阿部義ほか
音響・照明・美術:多賀谷忠生チーム
プロデューサー:阿部義
料金:未定

阿部Pは、昨年12月の、しもきた空間リバティ4F
「かたり芝居 昭和シネマ 鵬城の花嫁」出演を最後に、
ステージに立つ機会を失っていましたから、
電話の声が、沸き立つ感じ。本当にうれしそう。
(新型コロナウイルスで朗読会ほかいろいろ中止)

「天切り松 闇がたり」は集英社文庫でも1から5があり、
番外編で公式ガイド本「完全版 天切り松読本」がある作品。

1闇の花道 2残侠 3初湯千両 4昭和侠盗伝 
5ライムライト……の、どこからどれをやるのでしょうね。
出演者には若手も加わるとのことだけど。

さきほどAmazonのサイトをのぞいたら、
「天切り松 闇がたり」というDVDも出ていました。
本木克英監督のテレビドラマ。
中村勘九郎 渡辺謙 椎名桔平 篠原涼子 井川遥…
これも見てみたい! 今は亡き十八代目中村勘三郎。

新型コロナウイルスの感染予防対策も各業界が
実のあるものを得て、12月8日頃はつづがなく
公演がなされることを祈ります。

☆☆☆

さて、緊急事態宣言解除後、ナマの舞台をいくつか
見ている私、7月は4本見ました(2本は報告済)。
今日はそのうち
7月3日「ラジオドラマ風 プレイ短編集」をご紹介。

上でお知らせした阿部P舞台が、
東京でも屈指の「朗読家」集合の舞台とすれば、
こちらは「朗読家」然とした人は出てこない、
でも、ある種「リーディングプレイ」「朗読芝居」に
近い内容でした。特に、最初の2本が。

「ラジオドラマ風 プレイ短編集 ハート版」
日時:2020年7月3日(金) 14:00
場所:武蔵野芸能劇場小劇場
料金:5,000円
作・演出:是枝正彦
美術:松野潤 照明:安江和希(ライズ)
音響・効果:堀江潤 制作:パン・プランニング
3つの短編タイトルと出演者:
 1.ママとハッピーの年越し
  一谷伸江 風祭ゆき
 2.ヌレタ、ヨクジョウ
  平山もとかず 上久保慶子 ホーンユキ
 3.あぁ〜ガス欠!
  キモサベポン太 相原愛 高山与 小川ほのか
  さとう龍二 好沢晴美 咲倉林見豊 永島美穂
  杉山湧飛 山口拳生 山田輝 玲

キャスト違いで「ハート版」と「ダイヤ版」が
あるお芝居。各4回公演7月6日まででした。
ダイヤ版のキャストを省略してごめんなさい。

私がハート版キャストを選んだわけは、
ホーンユキ、一谷伸江、風祭ゆきという
懐かしいお名前が並んでいたからです。
MCを務める一谷伸江さんが、
「ホーンユキが懐かしいって、あなた年齢がわかるわね」
みたいなことを客席に向かって言ってましたが、
まさにそのとおり。

タイトルの「ラジオドラマ風」を見て、
「感染予防のため、いつもの芝居稽古はできないから
リーディング芝居みたいなものをやるのかな」と思ったり、
「2種類のキャストがいるのは、もしも直前に誰かが
具合悪くても、なんとかなるからな」
「短編集というところが、新型コロナを乗り越える
知恵か…」などなど、思いながら会場へ。

出がけに検温。左36.1℃、右36.3℃。
会場入口で、オデコ検温されて、これもパス。
たしか前日か前々日予約だった私は、2列9番でした。
後ろのほうから入れていくのかな?
1列、つまりステージにいちばん近い列は、お客を入れていません。

開演前の一谷伸江さんのMCでは、
「終演後キャストとの面会はできません。
本当ならお見送りのご挨拶をしたいのだけど」
「贈り物やお花をくださる方にもお会いできなくて
申し訳ありません。受付にお預けください」
「朝からメールが来る度に、ひやっとします。
”やっぱり悪いけどキャンセルするわ”っていう
メールじゃないかと。本当に今日、ここに
来ていただき、芝居を見てくださりありがとうございます」
…あの「お昼のクイズ・バッチリ当てよう!」(NET)
時代と変わらない、小首を傾げるキュートな仕草で
おっしゃってました。涙もチラリ?

風祭ゆきさんとの二人芝居は、二本のスタンドマイク。
基本的にマイク前に直立して話していたかな。
もしかしたら、三本あって、少し動いたかも。
台本はあとの2つの演目含めすべての人が手に持っています。

一谷さんはすごい早口の部分と、気分で変わる男の子の口調の
ようなしゃべり方と、いろいろ表情を変えながらの
リーディング。早口でも意味がきっかり伝わるのは
内容が身になっているからですね。面白かった。

1も2も3も、全然眠くならないリーディング芝居。
群像劇みたいに出演者の多い3に、作・演出の是枝正彦さんが
キモサベポン太という俳優名で出ていて、
劇団の主宰者役。どうしても頭で演技を考える役者に向かって
「考えるな! 理屈はいらない、あそこは半間で返すんだ」
みたいなことを言う。頭で考える派の役者は、
「この男が生きてきた背景を考えると、すぐには返せないはず…」
みたいに、考え込む。(台詞は全然違うと思うけどそんなこと)

悩むほうの役者が、いつまでも生活の立たないこんな稼業はやめて、
奥さんを夜中まで働かせることのないようにしよう、
役者には見切りをつけようなんて、考えるところも、
そのほかの女優や新人、主宰者のエピソードにいたるまで
「役者あるある」があちこちに散らばっているドラマで、
ちょっと泣けました。

「半間で返す」は、「とん、とん、とん、うん」でなく
「とん、ととーっ」、シンコペーションというか、
間なしで反応するというか、言葉の意味より
掛け合いのリズムというか。主宰者の言葉に納得。

この芝居を見るきっかけは高山与さん。
この「考えすぎる役者」役。
シェイクスピアシアターの「80歳からのシェイクスピア」
というYouTube動画では、出口典雄先生の解説で
実際にパックの台詞をやって見せるなど実演担当。
そこでの俳優名は、高山健太です。

衣装のトレーナーのおへそあたりに絞る紐がついていて、
それが、おへそあたりに1本、芝居の間じゅうずっと
垂れ下がっているので、私は何回も「前が開いてる!」と
どきっとしました。そのたびに、「あれは紐」と
自分に言い聞かせ。
身内を見守る家族のような気分というか、余計な話でした。

パン・プランニング、是枝正彦さん作・演出の舞台は
2020年9月25日(金)〜28日(月)と
2020年10月1日(木)〜4日(日)にも
予定されているようです。
築地ブディストホール。検索してね。



   




posted by OUT老 at 17:01| Comment(0) | 日々のもろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
一番バッター
 
■・お問い合わせフォームは
こちらから!
カテゴリ
”OUT老”について(2)
お知らせ(8)
公演のご案内(10)
日々のもろもろ(256)

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

最近の記事
(02/09)新型コロナでいろいろ変更ありますのね
(02/04)夜公演はなくなりましたが夕方に追加公演です
(12/29)12月は5本の芝居で今年も終わりかな
(11/13)即興の動きで「ソトバ」
(08/21)イヤミスの女王、沼田まほかるの世界
最近のコメント
イヤミスの女王、沼田まほかるの世界 by シマカワ (08/30)
お芝居に常連さん以外の人を集める手段  by シマカワ (08/18)
ある演劇少女の軌跡「楢山節考 孝」 by やれやれ (11/27)
キネマの天地、相当オモシロイ! by シマカワ (04/25)
つながり、つながる……で思い出すのは by シマカワ (12/04)
リンク集
The floral Arts
過去ログ
2021年02月(2)
2020年12月(1)
2020年11月(1)
2020年08月(4)
2020年07月(1)
2020年06月(1)
2020年05月(1)
2020年02月(1)
2019年11月(2)
2019年10月(2)
2019年07月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年11月(3)
2018年08月(3)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(2)
2018年01月(1)
タグクラウド
QRコード
RDF Site Summary
RSS 2.0