2018年02月19日

志賀直哉とシェイクスピアで二人の王

2010年3月4日のこの欄に
「1問50字の答え」という日記を書いた
シマカワです。

その当時、壤 晴彦さん主宰のワークショップ
「座 シェイクスピア」で一緒に発表舞台に
上ったOUT老の役者連
(阿部義、中島悦代、山田スミ子、大塚みどり)は
今は、ばらばらになって、各方面で活躍中。

一方、OUT老の宣伝担当シマカワは、
今もその舞台に立ち続けているという状況でありますが、
なんと、あのとき「50字」でもきついと思ったのに、
今回「30字」っていうオーダーが来ました。

2018年3月の発表公演パンフレット記載、
出演者コメントの話。

まずは、公演案内を記しますね。

座シェイクスピア Drama Ship 第14回発表公演
「ぷれい はむれっと」

日時:2018年3月3日 18:30
    2018年3月4日 11:30と16:30
会場:四谷区民ホール
    丸ノ内線「新宿御苑前」駅 徒歩4分
料金:3,000円(自由席)
原作:ウィリアム・シェイクスピア
構成台本・演出:壤 晴彦  音楽監修:鶴賀若狭掾
振付:林千永 音響:寺田泰人(エス・シー・アライアンス)
照明:A.S.G  舞台監督:加藤事務所 後援:新宿区
出演:ワークショップ参加の14人ほか

2017年、ジョン・ケアード演出「ハムレット」で
ポローニアスを演じ、
プルカレーテ演出「リチャード三世」で
リチャードの母を演じた壤 晴彦さんが、面白がって
楽しんで作ったような台本。(いや、もちろん超マジメ)

入水したのは、オフィーリアでなくガートルードだった?
兄殺しのクローディアスは、その件は無実でもう一つの件の・・・?
などなど、志賀直哉「クローディアスの日記」、小林秀雄「おふえりや遺文」
太宰治「新ハムレット」、大岡昇平「ハムレット日記」を
差し挟んでの展開。

シェイクスピア好きにも、初心者にも楽しめる内容で
ただいま稽古真っ最中!

では、30字のコメント(案)。
さっき事務所に6案送ったから、どれが採用されたかは、
当日確認してくださいね。  乞うご来場!

1.どんな気持ちで喋るか。台本の随所にヒントありと学びました。

2.変な男役を楽しみにして来られた皆さんごめんなさい。私、王妃よ!
3.小林秀雄の面白さはよくわかりませんでした。今回、読書したなあ。

4.小林秀雄の面白さ私にはまだ分からない…今回は、読書したなあ!

5.志賀直哉版とシェイクスピア版では、私の夫はこんなにも違うの!

6.今年も一年楽しかったなあ。読み解く楽しさ、動く面白さ、飲み会。






posted by OUT老 at 15:22| Comment(0) | 日々のもろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
一番バッター
 
■・お問い合わせフォームは
こちらから!
カテゴリ
”OUT老”について(2)
お知らせ(8)
公演のご案内(10)
日々のもろもろ(256)

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

最近の記事
(02/09)新型コロナでいろいろ変更ありますのね
(02/04)夜公演はなくなりましたが夕方に追加公演です
(12/29)12月は5本の芝居で今年も終わりかな
(11/13)即興の動きで「ソトバ」
(08/21)イヤミスの女王、沼田まほかるの世界
最近のコメント
イヤミスの女王、沼田まほかるの世界 by シマカワ (08/30)
お芝居に常連さん以外の人を集める手段  by シマカワ (08/18)
ある演劇少女の軌跡「楢山節考 孝」 by やれやれ (11/27)
キネマの天地、相当オモシロイ! by シマカワ (04/25)
つながり、つながる……で思い出すのは by シマカワ (12/04)
リンク集
The floral Arts
過去ログ
2021年02月(2)
2020年12月(1)
2020年11月(1)
2020年08月(4)
2020年07月(1)
2020年06月(1)
2020年05月(1)
2020年02月(1)
2019年11月(2)
2019年10月(2)
2019年07月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年11月(3)
2018年08月(3)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(2)
2018年01月(1)
タグクラウド
QRコード
RDF Site Summary
RSS 2.0