2020年08月21日

イヤミスの女王、沼田まほかるの世界

こんばんは
OUT老の役者連になりかわり
日記でブログ更新中の宣伝係シマカワです。

2020年7月の観劇記録、4番目に登場するのは
7月12日(日)に見た「林檎曼陀羅」。
すごかった! 照明、青い粉、中央の女性の動き。
上手下手で語る人たちのそれぞれの個性、感服!

☆☆☆

”イヤミスの女王、沼田まほかるの世界を
お楽しみください”と、朗読家の知人から
おしらせのあったのが、6月初旬。
新型コロナウイルスの影響で、芝居や映画を
見ることが難しくなっていた頃なので、
うわっと飛びつき、すぐに予約しました。

とはいえ、「イヤミス」って何?
沼田まほかるとは? 小説家の名前かそれとも…
などなど、物知らずの私。
後味の悪いミステリー、読むのがつらくなるような
描写のあるミステリー小説を「イヤミス」と
呼ぶことをその後、知りました。

☆☆☆

日時:2020年7月12日(日)11:30
会場:座・高円寺2
公演名:劇団 月のシナリオ「燃える嘘 燃えない嘘」
料金:2,000円
構成・演出:清家栄一
舞台監督:白石英輔 鈴木政憲 照明デザイン:阿部康子
照明オペレーター:藤田隆広 新宅由佳 松田桂一
音響:角丸雄亮(DISCOLOR Company)
小道具協力:片山三花子 制作協力:渡辺智子
VTR撮影:観劇三昧 協力:クロスオーバー 羽子田洋子
主催(?):アナザーライフ協会 シナリオクラブ

各作品タイトルと出演者(カッコ内は原作者):
1.ゴミ(宇野イサム)
 木村純子 江原ゆかり 北岡久子 東遙
 田中貴子 朋香
2.普通じゃない(沼田まほかる)
 のあ 小川明子 鈴木那生 石島友子
 千春 川名久雄 北岡久子 友村宏子 東遙
 木村純子 江原ゆかり 田中貴子 鬼京芋孫
 八田陽子 府川和枝
3.林檎曼陀羅(沼田まほかる)
 安藤圭子 青木未来 鶴目悦子 小池幸恵
 八田陽子 紫水章太郎 石島友子ほか

3の「ほか」には、1、2に出演した人たちが
「姑を探す町内の人々」という役で大勢出てきます。
町内の人々はマウスシールドやマスクをしている。
上記は昼夜2回公演の昼のキャストで、夜のキャストの
お名前はここでは省略。ごめんなさい。
夜の方々も「ほか」に入ってました。
昼と夜どちらにも出る方もいます。

☆☆☆

1と2が、ちょっと合体した感じの内容で、
2まで終って拍手なしで休憩。その後、3でした。
私は、合体しているのを理解していなくて、
休憩前が「ゴミ」という芝居、休憩後が「普通じゃない」
と思って見ていたので、2幕目の途中で、
舞台上に「シャドウ」(黒子)が数人乱入、
次々に大量のゴミやCD、本、ガラクタを投げ捨てる場面で、
「こりゃあ、3幕目が大変だー」と思ったり。

出演者の数がこれほど多い舞台を、この時期やるのも
苦労だらけと推察しましたが、工夫も面白く、
たとえば、小説の地の文を舞台の上手と下手に
各1人が立ってかわりばんこに語る。
一方、中央では台詞も動きもある演技をする人。

上手と下手の人は、地の文語りだけでなく台詞も言い、
芝居中盤で同じ役をまた別の人にバトンタッチして退場。
などなど、興味深い構成でした。

1人の登場人物を何人もの人がリレーでやるといっても
シス・カンパニー「叔母との旅」ともちょっと違う。
もう少しその部分は動きのない、ナレーターみたいな扱い。
(台本は手にしていません。プロンプターもいるもよう)

以前、「シナリオクラブ」の紹介チラシで
「プロの俳優と台本の読み合わせ」
「数百人の観客の前で演じる俳優との掛け合いを楽しむ」
「日常とは異なる別の世界を体験するカルチャー教室」
のような文面にひかれたことがあります。

読み合わせが中心の教室から発展して、
このカタチなんだなあと腑に落ちる舞台。
自分の思うとおりにやる、正解はひとつじゃない、
個性はそれぞれで違っていい、という方針どおり(?)
1人の登場人物の語りが4名以上でテイストさまざまに
行なわれても、いやな感じが全然しない。
むしろ面白い。という感じ。

公演後、ツイッターを見ていたら、清家栄一さんが
劇団 月のシナリオの看板を背負っている人たちは
すでに「素人の趣味」の域を超えているとつぶやいておられました。
たぶん劇団員であろう方の
「素人の趣味のお芝居なんて」世の中で重要度が低いもの
だろうとわかっているけど、私の中では絶対消せないもの…
というようなつぶやきを引いてい言われていたような。

なんか、OUT老の役者連の顔が目に浮かんできましたぜ!

アマチュアだけど本気。OUT老の舞台もまた見たいなあ。

☆☆☆

新型コロナウイルス感染拡大防止のための工夫が
劇場との協力の上で細かくなされて、
チケットも予約のみ。入口検温はもちろん、
マスク着用、会話控えめになどの呼びかけもあります。

この公演を知らせてくれた知人からの6月8日のメールに
来場者の氏名・住所・電話番号を会場に届け出ますがいいですか?
とお尋ねがありました。もちろん答えは「OK」。
本日記ですでに紹介した3つの公演もほぼ同じですものね。
もしもの場合のために連絡先を提示。
公演後一定期間を経て個人情報破棄という仕組み。

「出演者・スタッフへの差し入れ不可」
「終演後の出演者との面会不可」も同メールで。

公演当日、私の家検温では左36.1℃、右35.9℃。
40分間くらい炎天下を歩いて会場入りしたので、
入口検温が心配でしたが、そんなことで体温は
急上昇したりしないみたいで、合格でした。

日頃、シルバー人材センターのアパート清掃の仕事で、
共用ゴミ箱に捨てられる未分別ゴミ袋の整理に
苦労している私は、「ゴミ」と聞くと興奮します。
というわけで、1の「ゴミ」の描写が
つっこみたいこといっぱいだった。
そもそも「燃える、燃えない」でゴミを語ることが昔すぎる、
とにかく可燃ゴミと缶や瓶を一緒の袋に入れないで、
今は…なんて、アンケートに書いて、
頓珍漢ぶりを発揮してしまいました。

でも、面白かった。許してね。オヤスミナサイ
  


                   
















posted by OUT老 at 19:03| Comment(1) | 日々のもろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

令和二年の年末、内幸町ホールで

お待たせしました!
OUT老メンバーの出演情報を久々に。
書いているのは自称宣伝係のシマカワです。
OUT老役者連になりかわり、ブログ更新中。

OUT老の男優でプロデューサーでもある
阿部義(通称阿部P)から一昨日電話。
「年末に浅田次郎作品をやることになった」

「情報公開OK」と言われ、さっそく今わかる限りを
おしらせしますね。

日時:2020年12月8日(火)時刻未定(昼夜2回)
場所:内幸町ホール(都営三田線内幸町駅、
   東京メトロ・JR新橋駅などから徒歩5分)
作品:浅田次郎作「天切り松 闇がたり」
演出:中野志朗(文学座)
出演:津田千代子 瀧本忠生 望月邦秋 阿部義ほか
音響・照明・美術:多賀谷忠生チーム
プロデューサー:阿部義
料金:未定

阿部Pは、昨年12月の、しもきた空間リバティ4F
「かたり芝居 昭和シネマ 鵬城の花嫁」出演を最後に、
ステージに立つ機会を失っていましたから、
電話の声が、沸き立つ感じ。本当にうれしそう。
(新型コロナウイルスで朗読会ほかいろいろ中止)

「天切り松 闇がたり」は集英社文庫でも1から5があり、
番外編で公式ガイド本「完全版 天切り松読本」がある作品。

1闇の花道 2残侠 3初湯千両 4昭和侠盗伝 
5ライムライト……の、どこからどれをやるのでしょうね。
出演者には若手も加わるとのことだけど。

さきほどAmazonのサイトをのぞいたら、
「天切り松 闇がたり」というDVDも出ていました。
本木克英監督のテレビドラマ。
中村勘九郎 渡辺謙 椎名桔平 篠原涼子 井川遥…
これも見てみたい! 今は亡き十八代目中村勘三郎。

新型コロナウイルスの感染予防対策も各業界が
実のあるものを得て、12月8日頃はつづがなく
公演がなされることを祈ります。

☆☆☆

さて、緊急事態宣言解除後、ナマの舞台をいくつか
見ている私、7月は4本見ました(2本は報告済)。
今日はそのうち
7月3日「ラジオドラマ風 プレイ短編集」をご紹介。

上でお知らせした阿部P舞台が、
東京でも屈指の「朗読家」集合の舞台とすれば、
こちらは「朗読家」然とした人は出てこない、
でも、ある種「リーディングプレイ」「朗読芝居」に
近い内容でした。特に、最初の2本が。

「ラジオドラマ風 プレイ短編集 ハート版」
日時:2020年7月3日(金) 14:00
場所:武蔵野芸能劇場小劇場
料金:5,000円
作・演出:是枝正彦
美術:松野潤 照明:安江和希(ライズ)
音響・効果:堀江潤 制作:パン・プランニング
3つの短編タイトルと出演者:
 1.ママとハッピーの年越し
  一谷伸江 風祭ゆき
 2.ヌレタ、ヨクジョウ
  平山もとかず 上久保慶子 ホーンユキ
 3.あぁ〜ガス欠!
  キモサベポン太 相原愛 高山与 小川ほのか
  さとう龍二 好沢晴美 咲倉林見豊 永島美穂
  杉山湧飛 山口拳生 山田輝 玲

キャスト違いで「ハート版」と「ダイヤ版」が
あるお芝居。各4回公演7月6日まででした。
ダイヤ版のキャストを省略してごめんなさい。

私がハート版キャストを選んだわけは、
ホーンユキ、一谷伸江、風祭ゆきという
懐かしいお名前が並んでいたからです。
MCを務める一谷伸江さんが、
「ホーンユキが懐かしいって、あなた年齢がわかるわね」
みたいなことを客席に向かって言ってましたが、
まさにそのとおり。

タイトルの「ラジオドラマ風」を見て、
「感染予防のため、いつもの芝居稽古はできないから
リーディング芝居みたいなものをやるのかな」と思ったり、
「2種類のキャストがいるのは、もしも直前に誰かが
具合悪くても、なんとかなるからな」
「短編集というところが、新型コロナを乗り越える
知恵か…」などなど、思いながら会場へ。

出がけに検温。左36.1℃、右36.3℃。
会場入口で、オデコ検温されて、これもパス。
たしか前日か前々日予約だった私は、2列9番でした。
後ろのほうから入れていくのかな?
1列、つまりステージにいちばん近い列は、お客を入れていません。

開演前の一谷伸江さんのMCでは、
「終演後キャストとの面会はできません。
本当ならお見送りのご挨拶をしたいのだけど」
「贈り物やお花をくださる方にもお会いできなくて
申し訳ありません。受付にお預けください」
「朝からメールが来る度に、ひやっとします。
”やっぱり悪いけどキャンセルするわ”っていう
メールじゃないかと。本当に今日、ここに
来ていただき、芝居を見てくださりありがとうございます」
…あの「お昼のクイズ・バッチリ当てよう!」(NET)
時代と変わらない、小首を傾げるキュートな仕草で
おっしゃってました。涙もチラリ?

風祭ゆきさんとの二人芝居は、二本のスタンドマイク。
基本的にマイク前に直立して話していたかな。
もしかしたら、三本あって、少し動いたかも。
台本はあとの2つの演目含めすべての人が手に持っています。

一谷さんはすごい早口の部分と、気分で変わる男の子の口調の
ようなしゃべり方と、いろいろ表情を変えながらの
リーディング。早口でも意味がきっかり伝わるのは
内容が身になっているからですね。面白かった。

1も2も3も、全然眠くならないリーディング芝居。
群像劇みたいに出演者の多い3に、作・演出の是枝正彦さんが
キモサベポン太という俳優名で出ていて、
劇団の主宰者役。どうしても頭で演技を考える役者に向かって
「考えるな! 理屈はいらない、あそこは半間で返すんだ」
みたいなことを言う。頭で考える派の役者は、
「この男が生きてきた背景を考えると、すぐには返せないはず…」
みたいに、考え込む。(台詞は全然違うと思うけどそんなこと)

悩むほうの役者が、いつまでも生活の立たないこんな稼業はやめて、
奥さんを夜中まで働かせることのないようにしよう、
役者には見切りをつけようなんて、考えるところも、
そのほかの女優や新人、主宰者のエピソードにいたるまで
「役者あるある」があちこちに散らばっているドラマで、
ちょっと泣けました。

「半間で返す」は、「とん、とん、とん、うん」でなく
「とん、ととーっ」、シンコペーションというか、
間なしで反応するというか、言葉の意味より
掛け合いのリズムというか。主宰者の言葉に納得。

この芝居を見るきっかけは高山与さん。
この「考えすぎる役者」役。
シェイクスピアシアターの「80歳からのシェイクスピア」
というYouTube動画では、出口典雄先生の解説で
実際にパックの台詞をやって見せるなど実演担当。
そこでの俳優名は、高山健太です。

衣装のトレーナーのおへそあたりに絞る紐がついていて、
それが、おへそあたりに1本、芝居の間じゅうずっと
垂れ下がっているので、私は何回も「前が開いてる!」と
どきっとしました。そのたびに、「あれは紐」と
自分に言い聞かせ。
身内を見守る家族のような気分というか、余計な話でした。

パン・プランニング、是枝正彦さん作・演出の舞台は
2020年9月25日(金)〜28日(月)と
2020年10月1日(木)〜4日(日)にも
予定されているようです。
築地ブディストホール。検索してね。



   




posted by OUT老 at 17:01| Comment(0) | 日々のもろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月13日

こまつ座の意気込みに打たれます

OUT老の公演案内はまだできませんが、
ブログが錆びないように日記で更新。
自称宣伝担当シマカワです。

2020年7月はナマの芝居を4本観劇。
そのうち前回日記では新国立劇場
「願いがかなうぐつぐつカクテル」を記しました。

今日の日記は、7月7日13:00開演、
紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAの
こまつ座 第133回公演「人間合格」です。

作:井上ひさし
演出:鵜山仁
料金:8,800円
出演:青柳翔 塚原大助 伊達暁 益城孝次郎
   北川理恵 栗田桃子
音楽:宇野誠一郎 美術:石井強司 照明:服部基
音響:秦大介 振付:謝珠栄 衣裳:中村洋一
ヘアメイク:佐藤裕子 歌唱指導:満田恵子
宣伝美術:安野光雅 演出助手:西本由香 
舞台監督:宮崎康成 制作統括:井上麻矢

早くから前売券を買っていたけど行けなくなった人から
ある人に前売券がわたり、その人も行けないので、
「あなた興味があればいかが?」…と得たチケットでした。
6月21日のこと。

日々様子の変わる新型コロナの情勢に、
その最初に購入した人もひょっとして当日は
行ける気持ちになるかもしれない、勿体ない
と思ったり、
代りに行くからには、七夕まで自分は健康を保たなきゃ
と思ったり。

いつもどおり、出がけに検温。
左35.7℃、右35.8℃、会場入口でもオデコ検温されました。
座席は5列8番。同列6、7番が空席、9番に女性客。

入ったときは気づかなかったけれど、休憩時に
「元のチケット持ち主が2名で購入したものかな」と
思って、次の幕では7番に移動しました。
新型コロナ対策のためにも、本当は勝手に席を移動など
もってのほかですが、周囲の「一つ置き着席」の様子から
判断して移動。
新たに遅れてやってくる7番客もいなかったからいいかな? 
こまつ座さん許してね。

☆☆☆

我が家に集英社新書ヴィジュアル版
『直筆で読む「人間失格」』という書籍がありますが、
その最初のページにある原稿用紙の写真には、
「人間失格」のタイトルと作家名、「はしがき」の見出し、
そして「私は、その男の写真を三葉、見たことがある。」
の文字が並んでいます。
芝居は、その原稿用紙写真が大きく引き伸ばされて、
舞台天から吊るされている…という始まりでした。

あ、いや、それは始まりじゃなくて、始まる前から
お客が着席するときから見えている状態だったか。
始まりでは、それが6枚の写真吊りに変わり、
太宰の幼いときの写真、学生時代、心中前その他の写真が見える。
(だから、最初の原稿用紙も「三葉」でなく「六葉」と
なっていた可能性もあり…)
半分は実際の太宰の写真で、残り三葉は芝居の出演者が
役として映っている写真。

一幕も二幕も面白かった!
最初、「面白いのかなこの芝居」と座っていたけど
すぐに引き込まれ、休憩中も二幕が待ち遠しかったことよ。

東京の大学に入って、初めて下宿屋に現れるシーン、
タワシ売りする共産主義活動家らのアジト、
病院に入院中、共産主義活動家の友人が逃げてくるシーン、
仙台の小さな旅館の台所、
青森の劇場の楽屋、
最後の屋台で酔いつぶれている背中の太宰治
などなど、もっと場面はあるのですが、
暗転中の舞台の転換がすばらしく、素早く確実に
さっきまでとは全く違う世界を見せてくれることに感激。

久しぶりの観劇で、いろいろなところに感激しますが、
この舞台転換作業に集中するスタッフ素敵!と思い、
さっきまでとガラリと違う衣裳、ヘアメイク、立ち方、
声の出し方になって出てくる女優たちにも歓声を
送りたくなりました。

久しぶりの観劇といえば、自分の視界に入るだけでも
一幕では2か所にウトウトするお客さんが見えた。
男女各1名、どちらも70代くらい。これもなんだか幸せ。

見たいと強く思って買ったチケットでも、
あの暗い空間にいて、いい声を聴いていると
眠りに引き込まれることもあるもの。
居眠りを見て、「演劇の日常が戻ってくる!」と
興奮、…というわけでもないけど、ちょっと幸福でした。

芝居の最後には、最初の原稿用紙写真が降りてきて、
いつのまにか「失格」が「合格」に書き換え赤字。

2008年に岡本健一が津島を、辻萬長がじいやを
演じたときと舞台構成は同じだそうです。
津島役は過去に風間杜夫、渡辺いっけいなど。
今回6度目の上演だそう。
私は初めてで、本当に行ってよかった。
チケットを譲ってくれた方に感謝!

☆☆☆

じつは、この観劇で失敗したことがあります。
休憩中、ロビーに出たとき、「お客様BOX」なるものを
見たのに、それを「こまつ座ファンクラブみたいな会かな」と
素通りしてしまった。
帰宅後、カバンから「人間合格ご来場のお客様へ」という
A4判の紙。下3分の1が、「ご来場者カード」で、
個人情報を書き込み、既視スルーしたあのBOXへ入れる
仕組みだったようです。気づかず失礼しました。

内容は、名前、電話番号、公演日時と座席番号。
もしも新型コロナウイルス関連で連絡が必要になったら
このカードが役に立つというものだったのですね。

そこには「咳エチケットを必ずお守りください」のほか、
「お控えください」の行為として次のようなものが記載。
・ロビーでの食事と会話
・上演中の会話
・上演中に自席で水や茶を飲むこと
・通路とロビーにおいて他の客との間隔を詰めること

2020年の「人間合格」は、その後も、8月1日仙台、
8月8日兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール、
8月18日名古屋御園座
で公演です。

東京千秋楽のこまつ座井上麻矢さんブログで、
千秋楽といえども打上げなしで、仙台公演での再会を
約束して別れるというようなことが記されていました。

細かく隅々まで、あらゆる角度から感染防止を考えて
実施されている公演ですね。
それでも、お客の側が「今日は体調が悪い」という際は
行かないというのも大事です。

御園座のホームぺージでは、
「新型コロナ感染拡大予防への劇場の取り組みとお客様へのお願い」
が掲げられ、「自主的回避によるチケットの払い戻しについて」
という2020年7月31日付の記事が掲載されています。
(今日、見たところ)

がんばれ、こまつ座!
祈・御園座公演成功 ♡♡♡







posted by OUT老 at 12:26| Comment(0) | 日々のもろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
一番バッター
 
■・お問い合わせフォームは
こちらから!
カテゴリ
”OUT老”について(2)
お知らせ(8)
公演のご案内(10)
日々のもろもろ(256)

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

最近の記事
(02/09)新型コロナでいろいろ変更ありますのね
(02/04)夜公演はなくなりましたが夕方に追加公演です
(12/29)12月は5本の芝居で今年も終わりかな
(11/13)即興の動きで「ソトバ」
(08/21)イヤミスの女王、沼田まほかるの世界
最近のコメント
イヤミスの女王、沼田まほかるの世界 by シマカワ (08/30)
お芝居に常連さん以外の人を集める手段  by シマカワ (08/18)
ある演劇少女の軌跡「楢山節考 孝」 by やれやれ (11/27)
キネマの天地、相当オモシロイ! by シマカワ (04/25)
つながり、つながる……で思い出すのは by シマカワ (12/04)
リンク集
The floral Arts
過去ログ
2021年02月(2)
2020年12月(1)
2020年11月(1)
2020年08月(4)
2020年07月(1)
2020年06月(1)
2020年05月(1)
2020年02月(1)
2019年11月(2)
2019年10月(2)
2019年07月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年11月(3)
2018年08月(3)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(2)
2018年01月(1)
タグクラウド
QRコード
RDF Site Summary
RSS 2.0