2018年01月05日

中務の大輔の娘、婢になる


明けましておめでとうございます。
今年もOUT老は元気です。

阿部Pが、また内幸町ホールで、
劇団俳優座代表で女優の岩崎加根子さんと
朗読の会に出演します。

眠くならない朗読、迫力のある朗読を
聞きに、ぜひお越しください。

「第二回 岩崎加根子と和三凡」

日時2018年1月26日(金)13:30
会場:千代田区立内幸町ホール
 (東京メトロ三田線内幸町駅A5出口より徒歩4分)
開場:13:00  終演予定:15:30
出演:岩崎加根子 阿部義 坂本有子 宮崎弥生
 深澤真理子 本間恵子
料金:2,500円(全自由席)

このブログでもおなじみ(?)の演出家、
OUT老中島悦代の「楢山節考考」の作家・演出家でもある
多賀谷忠生さんが、このイベントの中心となる
山本周五郎作「明暗嫁問答」の構成・演出を行います。
その演目の出演者は、「和三凡」の三人、阿部、坂本、宮崎
すなわち、「和みを語る三人の凡人」(チラシの解説より)。

岩崎加根子さんは、この催しの第一回で
小泉八雲の怪談から一編を、演じるというか、
朗読するというか、とにかく凄みのあるパフォーマンスを
なさった方ですが、今年は
「中務の大輔の娘、婢となる話」(今昔物語より)を朗読。

「中務」は「ちゅうむ」と読むのかしら、「大輔」は、
百人一首の「伊勢大輔(いせのたいふ)」のように
「たいふ」と読むのかしら、
偉い人の娘が、身分を落とす話かしら
などなど、興味は尽きませんが、第一回のときの
「雪女」が、多くの人に知られる話だったのに比べて
知名度は低そう。

これをまた迫力たっぷりの朗読に、岩崎さんが
仕立て上げるのですね。
楽しみ、楽しみ。

☆☆☆

話は変わって、芝居と台詞の話。

昔、ある芝居の稽古に通っていたとき、
稽古終わりの帰り道で、共演するベテラン女優さんに、
アマチュア役者の私は、こう聞かれました。

「シマカワさんは、あれは二十五年前、街に※※※の
▲▲▲が流れていたとき、という台詞が言いにくそうですね」

※※※には歌手名が、▲▲▲には曲名が入ります。

私「そう、いつもそこでつっかえて申し訳ない」
女優「いえいえ、なぜそこでつかえるのかなあと思って」
私「なぜでしょう。役の人物の生きてきた道を想像して
その人になるつもりで話しているけど、ここで曲名だけなく
歌手名を言うのが、ぴんとこなくって、・・・・すみません」
女優「シマカワさんは、あれは25年前、街に▲▲▲が流れて・・・と
言いたいのですね」
私「でも、脚本家と作曲家は共に著作権を大事にする人だから、
やはりここは作曲者名であり歌手名でもある固有名詞が
必要なのかしら、きっとそうだと頭ではわかっているのですが」

とか、

女優「それと、ベランダに出たとき・・・の台詞も言いにくそうですね」
私「ええっ? それも感じましたか!」
女優「ええ」
私「実際に、あの場面を3つのマンションで試してみたけど、
そうはならない、隣接するマンションに写る明かりを見て
いるのかもしれないからなどと、自分に言い聞かせ、台本どおりに
やろうと思うのだけど、どこかでオカシイと感じているからかしら」
女優「なるほど、言われてみればそうですね」
私「見えないものを、見たということがイヤで、感じた、と勝手に
言い換えたときもあるけど、感じた、では、言葉が重過ぎて、
結局今は台本どおりに、見た、と言ってます」
女優「腑に落ちないから、言いにくそうなのね」
私「でも、作家のイメージ、描く絵は大事と思うから、今は台本どおりに・・・」

とか、お話ししました。


なんだか、精神分析医のよう。それも「耳」の力、
聴く力のすぐれたお医者さん。

その夜、私は自分の台詞がつかえるところを再点検。
腑に落ちないから言えないのなら、作家や演出家に
投げかけてみるのも一法と、その女優さんに教えられた気がして、
心あらたに台本を読み直したものでした。

果たして、その結果は。

いつか、また、このブログに書きますね。

またまたとりとめもなく、オヤスミナサイzzz





posted by OUT老 at 22:33| Comment(0) | 日々のもろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
一番バッター
 
■・お問い合わせフォームは
こちらから!
カテゴリ
”OUT老”について(2)
お知らせ(8)
公演のご案内(10)
日々のもろもろ(245)

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

最近の記事
(02/05)題名が決まらない芝居の案内
(11/07)いい声で文脈をきちんと伝える
(11/01)版画ノイエ
(10/27)タイタンと難波会長と元警視総監の浜田晃さん
(10/27)今日と明日で終わり「燐として」
最近のコメント
お芝居に常連さん以外の人を集める手段  by シマカワ (08/18)
ある演劇少女の軌跡「楢山節考 孝」 by やれやれ (11/27)
キネマの天地、相当オモシロイ! by シマカワ (04/25)
つながり、つながる……で思い出すのは by シマカワ (12/04)
お芝居に常連さん以外の人を集める手段  by OUT老 (08/22)
リンク集
The floral Arts
過去ログ
2020年02月(1)
2019年11月(2)
2019年10月(2)
2019年07月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年11月(3)
2018年08月(3)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(2)
2018年01月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年09月(4)
2017年08月(1)
2017年07月(2)
2017年05月(2)
タグクラウド
QRコード
RDF Site Summary
RSS 2.0