2017年11月07日

劇団わが町がメンバー入れ替わり、12月公演

こんばんは。OUT老の宣伝担当シマカワです。

OUT老公演は、まだまだご案内できませんが、
各人の活動状況をご報告。

2016年春の「楽屋フェスティバル」のとき、
女優Aを演じた山田スミ子、
そして白塗りのナレーター役?だった山田誠浩が
夫婦で出演する
2017年12月の舞台おしらせです。

川崎市アートセンター開館10周年記念事業
しんゆりシアター 劇団わが町
第7回公演「クリスマス・キャロル」

日時:2017年12月14日(木)〜17日(日)
 木曜、金曜は19:00
 土曜は14:00と18:00
 日曜は13:00と17:00
会場:川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
(小田急線 新百合ヶ丘駅 北口から徒歩3分)
料金:一般2,500円 子ども(4歳〜中学生)1,000円
原作:チャールズ・ディケンズ 翻訳:村岡花子
脚色・演出:ふじたあさや
出演:9歳から76歳の劇団員45人

「モミ組」「ヒイラギ組」の2組があって、ダブルキャスト。
でも、山田夫妻はどちらにも出ずっぱりですと。
・・・・ということは、6回公演ですか、体力あるなあ。

もともと、OUT老の面々は、「座・シェイクスピア」という
ワークショップで出会ったのですが、
今、それを続けているのはシマカワだけになってしまいました。

山田夫妻は、2012年6月に生まれた「劇団わが町」の
はじめからのメンバー。
わが町が面白すぎるのか、もうシェイクスピアには
戻ってきてくれません。

その「劇団わが町」も、
2017年あらたにオーディションを行い、
メンバーのおよそ半数が入れ替わったのですが、
山田夫妻は、変わらず今も所属。

「クリスマス・キャロル」での役は、
スミ子嬢が、なんと「村岡花子」、
誠浩さんが、「マーレーの幽霊」。

楽しみですね。翻訳した花子さんの役もあるなんて、、
ふじたあさやさんの脚色は明治の日本も出てくるのかな。
三好十郎作「斬られの仙太」を迫力出して演じる
女優Aを演じたスミ子嬢が、
数年前の朝ドラでは吉高由里子が演じた花子さんを
今度は演じるのですな。

【チラシから抜粋】
「わしのところには、クリスマスなんて来ないんだ!」
では、しんゆりには、クリスマスは来るのかな?
―――花子さんが伝えてくれた、ディケンズの世界!

☆☆☆

乞う、ご期待!

posted by OUT老 at 00:35| Comment(0) | 日々のもろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
一番バッター
 
■・お問い合わせフォームは
こちらから!
カテゴリ
”OUT老”について(2)
お知らせ(8)
公演のご案内(10)
日々のもろもろ(246)

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

最近の記事
(05/06)新型コロナウイルスで新型になるもの
(02/05)題名が決まらない芝居の案内
(11/07)いい声で文脈をきちんと伝える
(11/01)版画ノイエ
(10/27)タイタンと難波会長と元警視総監の浜田晃さん
最近のコメント
お芝居に常連さん以外の人を集める手段  by シマカワ (08/18)
ある演劇少女の軌跡「楢山節考 孝」 by やれやれ (11/27)
キネマの天地、相当オモシロイ! by シマカワ (04/25)
つながり、つながる……で思い出すのは by シマカワ (12/04)
お芝居に常連さん以外の人を集める手段  by OUT老 (08/22)
リンク集
The floral Arts
過去ログ
2020年05月(1)
2020年02月(1)
2019年11月(2)
2019年10月(2)
2019年07月(2)
2019年01月(2)
2018年12月(1)
2018年11月(3)
2018年08月(3)
2018年06月(1)
2018年04月(1)
2018年03月(1)
2018年02月(2)
2018年01月(1)
2017年12月(1)
2017年11月(1)
2017年10月(1)
2017年09月(4)
2017年08月(1)
2017年07月(2)
タグクラウド
QRコード
RDF Site Summary
RSS 2.0